刺し子の魅力 【一針庵工房】

*

刺し子について

top05

一針庵工房へようこそ

様々な布に糸で線を描くように伝統の幾何学的な連続模様を刺す刺し子は
今から500年ほど前に布地を補強する目的から生まれた針仕事です。

現代と違ってそのころの麻布や木綿は大変貴重なものでした。
その貴重な布をできるだけ長く使うため、布の目を塞ぐように糸を刺して風を通さないようにしたり、
継ぎはぎのときに糸を刺して補強をしたり、布を重ね合わせて糸を刺してさらに暖かい衣服にしようと考えたのが刺し子のはじまりだと言われています。

刺し子は、日本各地の農村や漁村などので、それぞれの風土に適したかたちで伝えられてきたものです。全国各地で刺し子技法を施したものが見られるため、どこが刺し子の発祥の地かわかっておりませんが、東北地方に伝わる刺し子は特に有名で全国に知られています。東北地方の刺し子は、厳しい寒さ対策のために防寒として衣料に刺し子をしたことが、その始まりだと言われています。

現代の刺し子は、本来の防寒や補強の役割はほとんど薄れてきており、
現代ではコースターやランチョンマット、クッションなどの様々な生活用品に刺し子の伝統模様が使用され、私達の生活により身近な存在として取り入れられてきています。
さらに作家オリジナルの模様を考案して、刺し子でモダンなデザインを表現したり、独自にデザインした図案を絵刺しの技法を使って、シャツや半纏などに新しい感覚で刺すこともあります。

様々な日本の風土の中でしっかりと受け継がれてきた伝統の刺し子。
素朴な刺し子のぬくもりが心を穏やかにしてくれます。

一針庵工房では和の暮らしにあった使い勝手のよい刺し子を目指しております。
全ての作品に対して、ひと針ひと針、針目を揃えた丁寧な仕事にこだわりをもち、
見た目にも美しくなるよう、心を込めて日々制作しております。

布選びも大変神経を使っており、お取引先の呉服屋さんからよい布を
自分の目で必ず確かめてから仕入れるようにしております。

お客様からよく布を持込みで刺し子を依頼されることがありますが、
布により刺し子の出来栄えがかなり左右されてしまいますので
大変恐縮ですが布の持込はご辞退しております。

今後も日々精進して、現代の暮らしの中でいつまでも大切に
使っていただける完成度の高い、作品を作っていきたいと思っております。
今後ともよろしくお願い致します。

k01